2018.09.23

改めて祖父ネットのカテゴリーについて

» 続きを読む

|

2018.09.22

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その二十四)祖父ネットのカテゴリーについて

» 続きを読む

|

2018.09.21

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その二十三)冬の祖父ネットの書き方

» 続きを読む

|

2018.09.20

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その二十二)キリスト教的万人救済論に戻って見る

» 続きを読む

|

2018.09.19

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その二十一)朝は三時に起キテ製図二従事ス

» 続きを読む

|

2018.09.18

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その二十)次々と起こる奇跡、で父にあった話

» 続きを読む

|

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十九)カテゴリーはなく書く、こと

» 続きを読む

|

2018.09.17

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十八)マルクスを読んだころの話

» 続きを読む

|

2018.09.16

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十七)原爆の父オッペンハイマーとダンテの神曲

» 続きを読む

|

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十六)そしてAmazon1円本へ

» 続きを読む

|

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十五)黙示録から工学院大学へキリスト教へ

» 続きを読む

|

2018.09.15

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十四)黙示録から工学院大学へ

» 続きを読む

|

2018.09.14

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十三)

» 続きを読む

|

2018.09.13

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十二)天国の黙示録・南砂町四丁目・その二

» 続きを読む

|

2018.09.12

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十一)天国の黙示録・南砂町四丁目

» 続きを読む

|

2018.09.11

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その十)ロマ書の解説と神田古本街

» 続きを読む

|

2018.09.10

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その九)ロマ書の解説と言う奇跡

» 続きを読む

|

2018.09.09

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その八)祈りの文章化で思うこと

» 続きを読む

|

2018.09.08

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その七)高原の風

» 続きを読む

|

2018.09.07

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その六)北海道地震の宗教的解釈について

» 続きを読む

|

2018.09.06

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その五)北海道地震緊急、牧師(とは思えないが)批判

» 続きを読む

|

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その四)

» 続きを読む

|

2018.09.05

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その三)

» 続きを読む

|

2018.09.04

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その二)

» 続きを読む

|

2018.09.03

キリスト教的永遠の生命論の研究(1)特に、なぜ一神教になるのであるか(その一)

» 続きを読む

|

2018.09.02

人間社会の相互認知における存在の意味について

» 続きを読む

|

2018.09.01

松前重義氏に出会ったいきさつ、について

» 続きを読む

|

東海大学創立者松前重義さんと画家筒井友美

» 続きを読む

|

2018.08.31

メール通信はイマイチでも、祖父ネットはめげず書くぞ

» 続きを読む

|

2018.08.30

休止の精神状態、という経験から

» 続きを読む

|

2018.08.29

祖父ネット突然休止の事情について

» 続きを読む

|

2018.08.19

杉山勝己と聖書(528)聖書はいかにして、信じられるのか(90)永遠の生命論の研究(三十一)

» 続きを読む

|

2018.08.18

杉山勝己と聖書(527)聖書はいかにして、信じられるのか(89)永遠の生命論の研究(三十)

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(526)聖書はいかにして、信じられるのか(88)永遠の生命論の研究(二十九)幸徳秋水「基督抹殺論」の研究、その五

» 続きを読む

|

2018.08.17

杉山勝己と聖書(525)聖書はいかにして、信じられるのか(87)永遠の生命論の研究(二十八)幸徳秋水「基督抹殺論」の研究、その四

» 続きを読む

|

2018.08.16

杉山勝己と聖書(524)聖書はいかにして、信じられるのか(86)永遠の生命論の研究(二十七)幸徳秋水「基督抹殺論」の研究、その三

» 続きを読む

|

2018.08.15

杉山勝己と聖書(523)聖書はいかにして、信じられるのか(85)永遠の生命論の研究(二十六)幸徳秋水「基督抹殺論」の研究、その二

» 続きを読む

|

2018.08.14

杉山勝己と聖書(522)聖書はいかにして、信じられるのか(84)永遠の生命論の研究(二十五)幸徳秋水「基督抹殺論」の研究、その一

» 続きを読む

|

2018.08.13

杉山勝己と聖書(521)聖書はいかにして、信じられるのか(83)永遠の生命論の研究(二十四)武田清子著「天皇観の相克」(岩波書店/1978年刊行)の50年

» 続きを読む

|

2018.08.12

杉山勝己と聖書(520)聖書はいかにして、信じられるのか(82)永遠の生命論の研究(二十三)古河力作と大逆事件の思想と基督抹殺論    

» 続きを読む

|

2018.08.11

杉山勝己と聖書(519)聖書はいかにして、信じられるのか(81)永遠の生命論の研究(二十二)強烈な時間経過の前で

» 続きを読む

|

2018.08.10

杉山勝己と聖書(518)聖書はいかにして、信じられるのか(80)永遠の生命論の研究(二十一)絶望と希望

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(517)聖書はいかにして、信じられるのか(79)永遠の生命論の研究(二十)一人原爆と絶望の人類

» 続きを読む

|

2018.08.09

杉山勝己と聖書(516)聖書はいかにして、信じられるのか(78)永遠の生命論の研究(十九)永遠の生命などという、楽しい話から一挙に核兵器よる人類壊滅の、あっけない問題を書いて

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(515)聖書はいかにして、信じられるのか(71)永遠の生命論の研究(十八)心理学者内村祐之の、原爆による人類崩壊予言は意外にあっさりと書かれている

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(514)聖書はいかにして、信じられるのか(70)永遠の生命論の研究(十七)人類の悲劇的予言(人類原爆消滅)はすでに、50年以上前に存在した、とは知らなかった

» 続きを読む

|

2018.08.08

杉山勝己と聖書(512)聖書はいかにして、信じられるのか(68)永遠の生命論の研究(十五)バルトとブルンナーの生命の永遠記述について

» 続きを読む

|

2018.08.07

杉山勝己と聖書(511)聖書はいかにして、信じられるのか(67)永遠の生命論の研究(十四)大逆事件と偶然の出会いアニメ

» 続きを読む

|

2018.08.06

杉山勝己と聖書(510)聖書はいかにして、信じられるのか(66)永遠の生命論の研究(十三)西洋東洋の溝

» 続きを読む

|

2018.08.05

杉山勝己と聖書(509)聖書はいかにして、信じられるのか(65)永遠の生命論の研究(十二)日本の文化、西洋の神学文化

» 続きを読む

|

2018.08.04

杉山勝己と聖書(508)聖書はいかにして、信じられるのか(64)永遠の生命論の研究(十一)キリスト教万民救済説に達す

» 続きを読む

|

2018.08.03

杉山勝己と聖書(507)聖書はいかにして、信じられるのか(63)永遠の生命論の研究(十)日本人と戦後の民主主義教育について

» 続きを読む

|

2018.08.02

杉山勝己と聖書(506)聖書はいかにして、信じられるのか(62)永遠の生命論の研究(九)ブルンナー著「永遠」古書、来たる

» 続きを読む

|

2018.08.01

杉山勝己と聖書(505)聖書はいかにして、信じられるのか(61)永遠の生命論の研究(八 )方丈記に永遠なし

» 続きを読む

|

2018.07.31

杉山勝己と聖書(504)聖書はいかにして、信じられるのか(61)永遠の生命論の研究(七)聖書論を書きたくなった

» 続きを読む

|

2018.07.30

杉山勝己と聖書(503)聖書はいかにして、信じられるのか(61)永遠の生命論の研究(六)

» 続きを読む

|

2018.07.26

杉山勝己と聖書(497)聖書はいかにして、信じられるのか(60)永遠の生命

» 続きを読む

|

2018.07.25

杉山勝己と聖書(493)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(492)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか

» 続きを読む

|

2018.07.24

杉山勝己と聖書(491)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十七)山永武雄の教会説教を解説する(その八)昨日は不思議な日だった。場所は横浜、フェイリス女学院の近く、炎天下(熊谷で日本全国最高記錄日41・1度)。レンガ倉庫展覧会、「時のかたち展」

» 続きを読む

|

2018.07.23

杉山勝己と聖書(490)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十六)山永武雄の教会説教を解説する(その七)と、森井孝さんが小冊子に残してくれた山永武雄語録は至宝であると思う

» 続きを読む

|

2018.07.22

杉山勝己と聖書(489)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十五)山永武雄の教会説教を解説する(その六)永遠の生命の探し方は、簡単である

» 続きを読む

|

2018.07.21

杉山勝己と聖書(488)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十四)山永武雄の教会説教を解説する(その五)しかし説教集の中の珠玉は、なんといっても森井孝さんの「山永牧師追悼号によせて」81頁である

» 続きを読む

|

2018.07.20

杉山勝己と聖書(487)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十三)山永武雄の教会説教を解説する(その四)永遠の生命、その答えは、山永武雄の最後の説教の中にある

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(486)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十二)山永武雄の教会説教を解説する(その三)

» 続きを読む

|

2018.07.19

杉山勝己と聖書(485)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十一)山永武雄の教会説教を解説する(その二)

» 続きを読む

|

2018.07.18

杉山勝己と聖書(484)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二十)山永武雄の教会説教を解説する(その一)

» 続きを読む

|

2018.07.17

杉山勝己と聖書(483)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十九)天使論は、いよいよ永遠の生命問題に至り、それはわが師山永武雄に至った

» 続きを読む

|

2018.07.16

杉山勝己と聖書(482)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十八)神と、天使と、さらに人間の死と永遠の生命、について

» 続きを読む

|

2018.07.15

杉山勝己と聖書(481)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十七)現在形としての天使論は、あるか、神は現在形なのであるか。映画論から

» 続きを読む

|

2018.07.14

杉山勝己と聖書(480)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十六)広域豪雨に、神や天使は介在したか、

» 続きを読む

|

2018.07.13

杉山勝己と聖書(479)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十五)友あり、遠方より来る、また楽しからずや/と詠んだのは中国の詩人である、

» 続きを読む

|

2018.07.12

杉山勝己と聖書(478)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十四)天使が存在する、という論理を推し進めているが、古い精神科の医師である内村祐之さんの精神科の勉強に触れる、

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(477)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十三)古書は歳をとらず、また書かれた絵画も歳を取らない、という事実を経験した

» 続きを読む

|

2018.07.11

杉山勝己と聖書(476)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十二)古書「わが歩みし精神医学の道」内村祐之著、来たる。のち、すぐ読み始めた

» 続きを読む

|

2018.07.10

杉山勝己と聖書(475)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十一)彫刻家山田朝彦氏のウィキペディアを見て、ショックを受けた記述が二箇所ある。

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(474)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(十)と、昨日凄まじい豪雨のニュースとともに、昔の絵の仲間(彫刻)、彫刻家山田朝彦氏の個展のお知らせ。と、石垣島の友人、である写真家の作品、「嵐の前の美としづけさ」を載せたい。風速は60メートルと想定されている。

» 続きを読む

|

2018.07.09

杉山勝己と聖書(473)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(九)前回の天使論を、続けて書くと

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(472)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(八)人形の家の崩壊と、本間論の出現は偶然ではないのかもしれない。という、稲垣天使論に戻る理由

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(471)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(七)本間論は、この辺りで終わり、天使論に戻らなければならない。なぜなら、それは友人たちの、生活の現実としての現場が、あまりにも地的であるからである

» 続きを読む

|

2018.07.08

杉山勝己と聖書(470)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(六)本間俊平と国会図書館のデジタルシステムは、見事だった

» 続きを読む

|

2018.07.07

杉山勝己と聖書(469)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(五)「本間俊平」を書くウィキペディアの書きは、すこし注意が必要だと思うと、

» 続きを読む

|

2018.07.06

杉山勝己と聖書(468)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(四)三吉明の「本間俊平の生涯」を、入手した。のと、画家筒井友美が興味を持った、「越後妻有(つまり)のアートの夏」が重なり始めた。

» 続きを読む

|

2018.07.05

杉山勝己と聖書(467)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(三)頼んでおいた本間俊平の生涯、を買いに古書店に行き、乙女島のおとめ、も買って、帰ってきた

» 続きを読む

|

2018.07.04

杉山勝己と聖書(466)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(二)戦後に支持された、ロスコの空間を探る人は絶えず。そのロスコは、ユダヤ人。切ない、キリのない、涯のない、終わりのない、行き着いたロスコ空間を、探りながら。本間の精神にも迫ってみよう。

» 続きを読む

|

2018.07.03

杉山勝己と聖書(465)聖書はいかにして、信じられるのか(57)天使論は、如何に展開するのであるか(一)

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(464)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(16)天使論の展開は、今後可能か不可能か。と、考えながら、画家筒井友美氏と会うことができた。ので、制作意図の確認をしてみた

» 続きを読む

|

2018.07.02

杉山勝己と聖書(463)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(15)稲垣さんの本から、13世紀の古典的天使論の成立、を、確認しておきたい。と、神は存在するか。

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(462)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(14)で、本間俊平氏も出現したことであるし、稲垣良典氏の学者としての信頼度も調べた上で、全幅の信頼もできたので、書き進めたい

» 続きを読む

|

2018.07.01

杉山勝己と聖書(461)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(13)なんだか、よくわからないまま。本田俊平論にいたる、と。今朝の毎日新聞朝刊一面に、「ボスニア紛争の性暴力」が、出た。

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(460)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(12)天使が言葉を持って語る、という困難な哲学を語り始める「稲垣良典」氏の読みは、行き詰まる、が

» 続きを読む

|

2018.06.30

杉山勝己と聖書(459)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(11)天使は語るので、あるか

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(458)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(10)は、マークロスコが加わり、まして羽田剛平さんまで、が加わるとなると、大変なことになったと、言わざるを、得ない

» 続きを読む

|

2018.06.29

杉山勝己と聖書(457)聖書はいかにして、信じられるのか(57)筒井友美展と天使論の展開(9)が、さらに複雑になるのは、画家マークロスコが加わってくるからである

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(456)聖書はいかにして、信じられるのか(56)筒井友美展と天使論の展開(8)映画史の、のむみちさんで、アエラ広告から「ダニエル書」を買う話

» 続きを読む

|

2018.06.28

杉山勝己と聖書(455)聖書はいかにして、信じられるのか(55)筒井友美展と天使論の展開(7)直感は、天使的観念である、という説明

» 続きを読む

|

杉山勝己と聖書(454)聖書はいかにして、信じられるのか(54)筒井友美展と天使論の展開(6)映画史研究家のむみち氏のアエラの記事は、意外な展開をした。のは、その隣のページ(70頁)の星野博美氏の記事からである。アエラを見開いて、両者全く関係のないこと、であるが。それが私には、関係があって偶然とは思えない

» 続きを読む

|

2018.06.27

杉山勝己と聖書(453)聖書はいかにして、信じられるのか(53)筒井友美展と天使論の展開(5)「抽象と直観」(創文社)という本を、

» 続きを読む

|

2018.06.26

杉山勝己と聖書(452)聖書はいかにして、信じられるのか(52)筒井友美展と天使論の展開(4)AERA2018.7.2/NO30と週刊ポスト7.6のそれを、を買いに行った日

» 続きを読む

|

«杉山勝己と聖書(451)聖書はいかにして、信じられるのか(51)筒井友美展と天使論の展開(3)