« 杉山勝己と聖書(225)いかに、現代社会の幻影は共有しうるか | トップページ | 杉山勝己と聖書(227)恐るべき、多言語世界の無意味について/杉山佳美和圣经(227)真棒,多语言世界的无意义/Katsumi Sugiyama and the Bible (227) Awesome, on the meaninglessness of the multilingual world/ »

2018.01.16

杉山勝己と聖書(226)白洲次郎(Jrou Shirasu)旧邸は、休みであることは、承知していたので/Katsumi Sugiyama and the Bible (226) Jiro Shirasu (shirasu jirou) Because the old residence knew that it was a holiday/杉山胜美和圣经(226)二世白宫旧居知道这是一个节日

 

(日、英、中文、英中はすべてグーグル翻訳です。)

 小田急線鶴川駅には白洲次郎さんの旧邸だった場所の地図が、丁寧に置いてあった。

 ので、それに従って、歩くのは難なくできた。ゲイトはしまっていたが、そこから見える旧邸を見れば十分なので、帰路は香山園の縁を通り、山を越えて、鶴川駅に戻り帰った。途中駅で、面白い本を買った。平凡ライブラリー「神道の成立」(高取正男著/1993年初版/2017年第10刷)である。さすが名作、素晴らしい小旅行となった。

 要するに、白洲次郎を中心据えて、戦前戦後史を理解しなければ、日本の戦後も宗教も、明確には見えてこない、と知った。

 

At the Tsurugawa station on the Odakyu Line there was a map of the place which was the former residence of Jiro Shirasu, carefully placed.

So, according to it, I was able to walk without difficulty. The gate was closed but it was enough to see the former residence from which it could be seen, so the return passes through the rim of the Kayama garden, crossing the mountain and returning to Tsurukawa station. I bought a funny book at the station halfway. The mediocrity library "Establishment of Shinto" (written by Masao Takatori / first edition of 1993 / 10th edition, 2017). As expected it was a masterpiece, a wonderful excursion.

In short, I have learned that unless I understand Japan 's postwar postwar history centered on Shirasu Jiro, the Japanese religion will not be clearly visible even after the war.

在小田急线的鹤川车站,仔细地放置了二次Shirasu故居的地图。

所以,据我所知,我能够毫无困难地走路。 大门关了,可以看到可以看到的故居,所以回来的时候,通过加山花园的边缘,穿过山,返回鹤川站。 中途在车站买了一本有趣的书。 平凡的图书馆“神道的建立”(高田正雄/ 1993年第1版/ 2017年第10版)。 正如所料,这是一个杰作,一个美妙的游览。

简而言之,我了解到,除非我了解日本战后以Shirasu次郎为中心的战后历史,否则日本的宗教即使战后也不会清晰可见。

 
 
 

|

« 杉山勝己と聖書(225)いかに、現代社会の幻影は共有しうるか | トップページ | 杉山勝己と聖書(227)恐るべき、多言語世界の無意味について/杉山佳美和圣经(227)真棒,多语言世界的无意义/Katsumi Sugiyama and the Bible (227) Awesome, on the meaninglessness of the multilingual world/ »