« 杉山勝己と聖書(231)230で書いたことは、あまりにも教養が高く、何の役にも立たない、のか | トップページ | 杉山勝己と聖書(233)クリスチャンだから日曜日、なので、書くことはやめるべし、と心の声はあれど。 »

2018.01.20

杉山勝己と聖書(232)で、ヨーロッパであるが、キリスト教徒が、すべて神学を勉強したわけではない

 

 要するに、トマスアクィナスのように、

 「神は存在するか」と、問うた人は、またそれに応えうる人は、全くのエリートなのである。ただし、こういった問題と取り組んだ、キリスト教神学の真面目な僧侶がいたことも、事実なのである。その事実に基づいて、キリスト教界は成立し、長い歴史を刻んできた。それが、実体であり、誰もがそのような面倒な問いに取り組んだわけではない。

 であるが、明治学院の高校では戦後教育の中で、ブルンナーを教科書に使ったために、その難しい問題が、高校生を悩ませたのである。悩んだ一人が、私で、それが老人の今。妙に教養化して、ブログ時代を迎え、ネット画廊などという世界的革命画廊に関わっている、というのは、誠にせつないことである。と、書いて、明日は日曜日、祖父ネットは休みたい。で、以上を英語で、翻訳しておく。

 

In short, like Thomas Aquinas,

People who asked, "Does God exist?", A person who can respond to it is a quite elite. However, it was also true that there was a serious monk of Christian theology, who worked on these problems. Based on that fact, the Christian world has been established and has carved a long history. That is the substance, not everyone has worked on such troublesome questions.

However, in the high school at the Meiji Gakuin Education after the war, because Brunner was used for textbooks, its difficult problem bothered high school students. One who is troubled is me, that is now for the old man. It is truly disappointing that it is strangely educated, celebrating the blogging era, and being involved in a global revolutionary gallery such as a network gallery. And, writing, tomorrow is Sunday, my grandfather net wants to take a day off. So, translate it above in English.   

 

 

 

 

 

|

« 杉山勝己と聖書(231)230で書いたことは、あまりにも教養が高く、何の役にも立たない、のか | トップページ | 杉山勝己と聖書(233)クリスチャンだから日曜日、なので、書くことはやめるべし、と心の声はあれど。 »