« 杉山勝己と聖書(266)イエスはユダヤ人ではない | トップページ | 杉山勝己と聖書(268)キリスト教は一本の硬い棒のように、ヨーロッッパを突き刺したのか »

2018.02.13

杉山勝己と聖書(267)幼児が好むカオスユーチューブ動画、の未来

 

 という、ネット記事は、

 ここ祖父ネットの一連の意識と連動した。

 266を書いて、いつものようにネットニュースを見て見つけた、ニュースである。これを、どうするか、というのであるが、老人的な表現で言えば、どうにもならない。と言っておきたい。

 今、私も実はユーチューブ派である。昨夜など、美の定点を決めて帰ったあとで、夕食後三陸町の津波ユーチューブを見た。前にも見ているので、二度目であるが、画面右サイドにある一般道、から流れ込む津波は、主に左側の漁港の津波を映しながら、突然現れるのであるが。始め穏やかに、だんだん量が増えて、いつの間にか、道路から漁港をまたぐ形で作られた橋も、結局崩壊する、という画面に展開する。

 から、見ていていて、恐ろしい。そこに、それを撮影した人も、優れた撮影者であるが。ヘタリこむ壮者の男性の後ろ姿も、印象に残る。で、カオスであるが、現実の三陸町のカオスに比べれば、幼児カオスなど、要するに幼児的にすぎない。

 未来は、もっとすごいカオスが、世界を覆うはずだ。それに耐える人間だけが、生き残っていく。と、思える。

 
 
 
 
 
 
 

|

« 杉山勝己と聖書(266)イエスはユダヤ人ではない | トップページ | 杉山勝己と聖書(268)キリスト教は一本の硬い棒のように、ヨーロッッパを突き刺したのか »