« 杉山勝己と聖書(310)今日は日曜日なので頭休めに。幻の寿司職人藤本繁蔵、の世界を書いてみよう | トップページ | 杉山勝己と聖書(312)なぜ、50年前、神は死んだのであるか。は、簡単である。 »

2018.03.11

杉山勝己と聖書(311)で、大佛次郎であるが、やっぱり、キリスト教に戻ることにする、のは、時間がないからである

 

 ただ、鎌倉にある野尻邸(大佛次郎茶亭)で、

 コーヒーを飲む機会を作りたい、と密かに予定している。

 で、写真をネットから貼り付けて終わりたい。ただ、大佛は、私の経験した「昭和」を、見事に記録した大作家である、と言っておきたい。 

 

 

 

   

Photo_2

 

 

 

 

 

 

|

« 杉山勝己と聖書(310)今日は日曜日なので頭休めに。幻の寿司職人藤本繁蔵、の世界を書いてみよう | トップページ | 杉山勝己と聖書(312)なぜ、50年前、神は死んだのであるか。は、簡単である。 »