« 杉山勝己と聖書(357)「攘夷の幕末史」(講談社現代新書)を読みながら、一日が過ぎたのは、あまりに面白いからである | トップページ | 杉山勝己と聖書(359)鎖国の心理学、を被攘夷派であるクリスチャンが、書いた事例は皆無、ではないか »

2018.04.14

杉山勝己と聖書(358)今の官僚は、過去の戦後の官僚と違い、独立性がないのが、悲劇である。

 

 要するに、ごますり型の官僚ができたということである。

 もともと、官僚とは。帝王の手足であって、ネイ感、「ねいかん」とこのワープロに出ないほど、官僚の本質的な性質が、忘れられている。コツコツ、漢字化すると、侫、奸、ねいかん。意味は(広辞苑)、表面は従順にみせかけ、よこしまなこと。と、訳する。ことを日本人は忘れてしまったようだ。

 今の政治現象は権力にすり寄る、ねいかんたちの、の仕業に過ぎない。権力とは、そのような現象を、産む。それは、特に高級官僚に、生まれて醜い。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 杉山勝己と聖書(357)「攘夷の幕末史」(講談社現代新書)を読みながら、一日が過ぎたのは、あまりに面白いからである | トップページ | 杉山勝己と聖書(359)鎖国の心理学、を被攘夷派であるクリスチャンが、書いた事例は皆無、ではないか »