« 杉山勝己と聖書(426)聖書はいかにして、信じられるのか(26)キリスト教が今日の隆盛を見たのは、また失敗は。ローマ帝国の国教になったことが原因である、と書いてきた。が、その現実は、渡辺崋山によって、記録された。 | トップページ | 杉山勝己と聖書(428)聖書はいかにして、信じられるのか(28)書く、と描く。と、読む、と。観る、とコーヒーと »

2018.06.05

杉山勝己と聖書(427)聖書はいかにして、信じられるのか(27)1500年前の書物。岩波文庫であるが、昨日アマゾンを通し、ある古書店から着いた。その題は「神の国」アウグスティヌス著、第5巻目である。

 

 全く、迂闊なことであるが、この5巻目も、別に

 インデックスなどではなく、文章そのものの最終章(第19巻から第22巻)という、から非才を恥じている。

 まして、簡単な説明書きには、其の章は最も重要なテーマ、だという、ではないか。要するに、神の国とこの世の国、相異なる目的と終極を、アウグスティヌスは書いたとある。まさに、恐ろしい書である。

 で、今日はこれまで。石垣島の友人の家には、本物のクジャクが来る、ということで、其の実写をメールしてもらった。なんと、した鳥であろう、クジャクというのは。夢だと思うのであるが、この庭は友人の自宅なのである。で、下に貼り付けておく。とくと、ご覧あれ。ただ、この貼り付けは、許諾を受けていません。興奮して、貼り付けました。  

 

 で、ついでにですが。   

 

  この祖父ネットの画面の右サイド。インデックスの一番下に、私の画廊に行くルートがあります。そこに、リンクがありますので、そこからこの石垣島クジャクブログに行けます。さらにもう一人、中堅気鋭の画家筒井友美さんの画廊にも行けます。ぜひ、ご覧あれ。  

 

 

Photo_6

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 杉山勝己と聖書(426)聖書はいかにして、信じられるのか(26)キリスト教が今日の隆盛を見たのは、また失敗は。ローマ帝国の国教になったことが原因である、と書いてきた。が、その現実は、渡辺崋山によって、記録された。 | トップページ | 杉山勝己と聖書(428)聖書はいかにして、信じられるのか(28)書く、と描く。と、読む、と。観る、とコーヒーと »