« 永遠の生命と天国の鍵 | トップページ | 永遠の生命とクローニンの「天国の鍵」とスコットランド »

2018.11.15

永遠の生命とクローニンの「天国の鍵」

 

 77歳にもなって、青臭い話である。

 が、さにあらず。ここまで、キリスト教を日本人のくせに、くどくやると、は思わないであろう。

 ボツボツ、諦めるべきである、という人もいないではないが。何、知ったことではない。ブログという武器は、空恐ろしいことにこのような男に勇気を与えるのである。言わしてもらえば、777歳になろうと、なるまいと。人間の死の問題は、一向に解決しないであろう。で、よく今時は、人生100歳時代などと、いって人々が最も興味のある問題で、稼ぐ出版屋がある。所詮キワモノで、昔からある一向に解決不能、の出版社の息の長い稼ぎ頭なのである。

 で、それは、主に宗教の専売であることは、昔からの決まり事である。この問題を、もっともらしく言う宗教も後をたたないのは、これも77歳にもなれば、飽き飽きしている。だが、実際問題として、この問題は、ただ事ではない。

 で、クローニンが、やっと読めるようになった、と言うわけである。要は、キリスト教の実体的な記述が、小説という手法を与えられ、見事に描かれた、と言うことである。しかし、若い時は、全く読めなかった。今にして、あまりにも、上手く書かれているのでクローニンに頭がさがる思いだ。そこで、彼の経歴をWikipediaが、真面目に書いてくれているので、ここに真面目に転載しておく。私は、彼の小説に感動し、さらに一冊、新たに古書を購入した。1冊目は、メモで書き入れに使い、2冊目はさらで読んでいきたい。ちなみに、1冊目は5000円弱、2冊目は1000円である。ただし、2冊目はアマゾンではない。

 アマゾンは、価格の揺れが大きすぎるし、ぼちぼち馬脚を表している。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

AJ・クローニン

A. J. Cronin

1896719日スコットランド、カードロス

198116日(84歳没)スイス、モントルー

小説家、劇作家

ノンフィクション作家

 ウィキポータル 文学

アーチボルド・ジョセフ・クローニンArchibald Joseph Croninは、スコットランドの小説家、劇作家、ノンフィクション作家。

クローニンはダンバートンシャー(英語版)、カードロス(英語版)(現在はアーガイル・アンド・ビュートに属する)のローズバンク・コテージ(Rosebank Cottage)で生まれた。早熟な学生であり、1914年、グラスゴー大学で医学を学ぶための奨学金を得た。1916年から1917年にかけて、第一次世界大戦のイギリス海軍外科医として働くため休学し、1919年に首席で大学を卒業。その後、南部ウェールズの鉱山町トレデガー(Tredegar)で開業する。この時の鉱山業の職業上の健康被害調査は、後の小説、ウェールズを舞台にした『城砦』 (The Citadel) や、ノーサンバーランドを舞台にした『星は地上を見ている』 (The Stars Look Down) に利用されている。

他のポピュラーな作品としては、『帽子屋の城』 (Hatter's Castle) 、『天国の鍵』 (The Keys of the Kingdom) などがある。

著作

  帽子屋の城 

  三つの愛 

  K病室風景 

  大カナリヤ航路訳

  Country Doctor1935年、中編)

  星は地上を見ている(星の眺める下で)

  城砦

  Vigil in the Night

  実験室(Jupiter Laughs1940年、戯曲)

  天国の鍵(The Keys of the Kingdom1941年)

  生と死をみつめて

  育ち行く年(孤独と純潔の歌)

  青春の生きかた

  スペインの庭師

  若き日の悩み

  人生の途上にて

  地の果てまで

  美の十字架

  受難の道

  The Innkeeper's Wife1958年、短編)

  The Cronin Omnibus1958年)

  愛と死のカルテ

  ユダの樹

  青春以前

  続生と死をみつめて

  スイス高原療養所

  禁断の木の実

  愛の花束

  悪い女

 

映画・テレビ

  城砦(The Citadel1938年) - 監督:キング・ヴィダー、

  The Stars Look Down1939年) - 監督:キャロル・リード、

  病院の一夜(Vigil in the Night1940年) - 監督:ジョージ・スティーヴンス、

  Shining Victory1941年) - 監督:アービング・ラッパー、

  Hatter's Castle1942年) - 監督:ランス・コンフォート、

  王国の鍵(The Keys of the Kingdom1944年) - 監督:ジョン・M・スタール、

  育ちゆく年(The Green Years1946年) - 監督:ヴィクター・サヴィル、

  The Spanish Gardener1957年) - 監督:フィリップ・リーコック、

  Web of Evidence1959年) - 監督:ジャック・カーディフ、原作は『地の果てまで』。

  わが青春のとき(1970年、日本、原作は「青春の生き方」

  炎のカルテ(1976年、日本、 原作は『城砦』

  愛の嵐(1977年、日本、原作は『スイス高原療養所』

  白衣の姉妹(1978年、日本、 原作は『純愛記』

  遠い明日(1979年) - 監督:神代辰巳、出演:三浦友和、いしだあゆみ。原作は『地の果てまで』。

関連項目

  五所平之助 - 1954年新東宝作品『大阪の宿』で労働問題を描いたクローニンの『星は地上を見ている』を登場させている

 筒井友美個展 「帰る場所」

  https://m.youtube.com/watch?v=uhejKeFZBGc

 

 下はクローニンの肖像(Wikipediaから)

 

Photo_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 永遠の生命と天国の鍵 | トップページ | 永遠の生命とクローニンの「天国の鍵」とスコットランド »