« 永遠の生命と、水彩画の構築とウィーンの地図とホテルモントレ銀座 | トップページ | 永遠の生命と、水彩画の構築と京大名誉教授飛鳥井雅道氏の死 »

2019.06.10

永遠の生命と、水彩画の構築とウィーンヴィデオのパソコントラブル

 表題の件は、僕をすっかり戸惑わせた。昨日はヤマダ電機、ビックパソコン館、ワイモバイルと三箇所を回り。結局僕が自分で直に、家で台湾シャープに電話をしなければならない、という経験をした。不思議なことに、水彩画用紙の件も、自分で電話して販売元のクサカベに電話をして解決した。が、どれもそれらの、それの場所が分断的になっていて、正しく商品情報を統合することができない、現実社会の商売の現実から、起きてくる、とわかったのはいい勉強になった。ヴィデオのトラブルは、マックのパソコンから始まったが、僕の使うMacBook Proそのものの欠陥ではない。ということから、問題は生じた。要するに、僕の長いパソコンライフから僕の経験として、パソコンに内蔵されたDVDが不具合である、という僕の間違った先読みの認識は、かなり前から内在していたのは、単に。調子が悪から、いよいよ壊れたか、という、以前にできていた認識が起点である。その不具合は、他愛のないもので。今では不具合ではない、とわかる。僕がウィーンDVDを使っているときには、ベットの上で足を投げ出し、その上でパソコンを見ていた。それが、原因である。あるいはウィーンを描くために、ベッドの上に置いて、その側にキャンバスを立てて、それでヴィデオを見ていた、からなのだ。他愛もない原因はそれで、パソコンがDVDに必要な、デリケートな水平を維持できず、少し傾ぐので。DVDがその傾き具合によって、カサコソと音を出していたのである。それが、いよいよ寿命であるか、と思っていたので。それでさらに、ヴィデオの画像がさらに、飛び始めたので。その原因が、まさか傾きであるとは思っても、いなかったのである。ヴィデオそのものは、20年前のもので。それは以前から見ていたが、絵画的環境設定をしたのは、なんどもここで言っているように、ウィーン水彩画を描くためである。画家としての定点描きは宿命であるが、それでもっぱら油彩では自分の撮った写真を利用していた。フランスの印象派の画家たちも、アジェたち写真家の写真を利用していたのは、わかっていた。今の時代であれば、ネット上から他人の写真の利用、も可能。なので、それすら利用していた僕は悪人である。で、まさか。自分が撮っていたウィーンのヴィデオが、絵画に利用できるとは思っても見なかったのである。しかし、水彩画は、もともと精密画は描けない。基本画材が水である以上、油彩のような硬いものは不可能なのである。で、まさかこれで、絵画のジャンルで軽く扱われる水彩画の現実を知っていたから、僕も長い間それだった。で、この歳になって道具立のくどい油から卒業せざる得ず、しかし絵は描きたし売りたし、という自分の欲求から。世界堂の画家に相談し水彩に至っていたのである。それとて、約2年も前の話で、なかなかうまくはいかなかった。試行錯誤を繰り返し、ウィーンをモチーフに選びたくなって、20年前のヴィデオを再見したところふと。気に入った場面を一度止めて、その場所に立つ自分。のキャンバスをそこにたてていると、仮定して。その場面を見て、びっくりした。僕は、いつの間にか、ウィーンにいて、その場所にキャンバスを立て、描いている想像が成立した。のには、自分ながらびっくりした。僕は、いつの間にかオペラハウスの前にキャンバスを立てて、ズーズーしく絵を描いている、ではないか。ということを発見した。僕は、不具合のヴィデオを直すべく、ビックパソコン館に行った。久しぶりである。で、解決の前に様々な現代的不統一を経験していた、ということなのである。わからないかな、この説明では。今日もウィーンを描く。

 ーーーーーーーーー

 筒井友美作品。

 「帰る場所」、 https://m.youtube.com/watch?v=uhejKeFZBGc

下のヴィデオショートカットは、全部僕が撮影したものです。絵を描くために今利用中です。

Photo_122

Photo_123

Photo_124

Photo_125

Photo_126

|

« 永遠の生命と、水彩画の構築とウィーンの地図とホテルモントレ銀座 | トップページ | 永遠の生命と、水彩画の構築と京大名誉教授飛鳥井雅道氏の死 »