« 永遠の生命と、人間存在の希望の研究(376)6月23日、火曜日(千回を目指して) | トップページ | 永遠の生命と、人間存在の希望の研究(378)6月25日、木曜日(千回を目指して) »

2020.06.24

永遠の生命と、人間存在の希望の研究(377)6月24日、水曜日(千回を目指して)

731・石井四郎と細菌戦部隊(731・石井四郎と細菌部隊の闇を暴く・青木富貴子・新潮文庫・平成20年)を読んでいて、人間存在の意味を考えている。僕の若い時の、戦後の時代は。などと書いても、あまり意味はないが。永田鉄山という殺された人の戦争論旨は、ヒトラーの著書よりも、一層リアリティがあり。人間の戦争、を。現代の今に、描いて見せるものの。確かに、説明は戦争論として秀逸で。戦争宿命論であり、その戦争非回避思想の戦争論として、いたって合理的である、と思う。しかし本質的には、彼も大日本帝国の優秀な軍人で、その人間闘争宿命論であり。それは資源をめぐる争奪戦である。と、書かれている。のは、合理的説明として、その戦争が。さらなる戦争を呼ぶことになる、とも書きながら。第一次世界大戦総括の論旨は見事なもので。いわば、テクノロジーが、現代の社会に。我々の身辺にある時代の初め、のような時代の戦争論であるが(飛行機、石油などの)。第一次世界大戦は、その基礎を据えたような時代であったのだ、とわかる。自動車と石油が、現代社会の主役となる時代の。人類の利便性の基礎に。まだコンピューターは登場していない、ものの。第二次世界大戦が、それを促進することになる。歴史として、それが。妙に、今も不気味で。巨大な、どこかに隠蔽された破壊兵器や、細菌兵器の。もっとも深奥の、近現代初期の軍事機密の知識を読んでいても。人間存在の闘争を、非闘争史に転換、できる日は。来るのか。と、僕が、自分に問う日となった、昨日の雨は。第一次世界大戦のドイツの敗戦を冷静に見つめる。大日本帝国と言った時代の、軍人永田鉄山の。時代を見つめる冷徹な目は。確かだったのだと、知ったが。本は、「永田鉄山・軍事戦略論集」(河田稔編集解説・2017年・講談社選書メチエ)であるが。僕らの時代が散々読んだ。戦争の実態を、一人の。殺された軍人の冷徹な目が。人類史を俯瞰して。説明する、資源争奪論としての、人間戦争論は悲しい。と、言えるだろう。が。明治維新以来、世界の資源戦争に巻き込まれる、近代日本の悲劇は。今も、まだまだ続くのであろう。と、思いながら。辛い雨の一日になってしまったが。結構しっかりと読んで。聖書の受肉した神である、イエス。の言葉の。意味を噛みしめつつ。人間存在の率直な嬉しさを、いささかでも表現する。単純な絵画の美しさが。これほど美しいものであるか。を、感じつつ。僕の友人の画家の、その一枚を壁にかけて、また掛け直して。優れた美、を味わう自分の。存在は。雨模様の、朝であると気づくのであるが。

 

ーーーーーーー

 

 筒井友美・「帰る場所」

 

  https://m.youtube.com/watch?v=uhejKeFZBGc

 筒井友美ホームページ https://tsutsui-tomomi.jimdofree.com (HP)

 

 

ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
杉山勝己ネット大絵画展
ーーーーーーーー

 

 

初めに・筒井友美氏の作品をご紹介します。

    

000

 

Kaiga106_20200419113601

 

Kaiga105_20200419113701

 

Kaiga117_20200326053001

 

Kaiga0197_20200326053101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------

 

SUGIYAMA KATSUMI Kaiga

近々、この祖父ネットで、私の絵画を販売する予定です。お楽しみに。

 

783

Kaiga11_20200504061701

 

Dsc00350

Kaiga2282_20200617150501

777

Dsc00431_20200617150501

 

Kaiga_0012_20200617150601

 

Kaiga112jpg

 

Kaiga33_20200504061901

 

Kaiga1212

773_20200621071501

Kaiga0111_20200504062001

 

 

0504

 

Kaiga205

 

Kaiga1_20200617160701

 

Kaiga83_20200502155401

775

Kaiga02_20200617160701

 

Kaiga286

 

Kaiga_20200617160801

 

Kaiga11jpg_20200501112901

軽井沢80号の、製作過程の一部です。

 

 

Kaiga_20200501113001

 

781

787_20200617161201

Kaiga608

 

 

 

Kaiga0105

絵画教室の生徒

 

 

 

Kaiga189

ボード・水彩・パルテル「ヴェニスの広告」

 

Kaigaaajpg_20200621071801

Kaiga86

油彩「作品B」・キャンバス

 

 

 

Kaiga82_20200329163401

油彩4号・「バチカンで」・キャンバス

 

 

 

Kaiga80

油彩SM/キャンバス「作品A119104」

 

Kaigaaadd_20200621071801

 

Kaiga72

油彩SM/キャンバス・「窓119104」

 

 

Kaiga06

油彩4号・「パリの花屋さん」キャンバス

781

 

Kaiga02

油彩4号・キャンバス「座りませんか」

773

Kaia604

油彩4号・キャンバス・「イタリーで」

 

 

 

Kaigaaa_20200328062601

水彩「朝」

 

Kaiga_20200621071901

Kaigaaa11_20200328062501

油彩「青のカップ119104」6号

 

 

Kaigaaa22_20200328062401

油彩「小渕沢」80号・キャンバス

Kaiga2_20200621072001

762

Kaigaaajpg_20200328062401

油彩「小渕沢」80号・キャンバス

 

 

Kaigaaa_20200328062301

油彩「小渕沢」80号・キャンバス

 

 

Kaigaaa1

ギャラリー惣・銀座

 

 

Kaigaaa_20200328062101

油彩「越後駒ヶ岳」・4号・キャンバス

 

 

Kaigaaa22_20200328062001

ボード「ピエロ119104」ガッシュ・油彩

 

 

Kaigaaa_20200327154201

ボード「ピエロ119104」ガッシュ・油彩

 

 

 

Kaigaaa_20200327154102

油彩80号「エトランゼパリ」。この絵は今、コロナの中で描き続けている作品です。実は、いろいろな理由から現在、大きく変貌しています。が、なんとか、このイメージに戻したいと頑張っているのです。今日も、落ち着いて、描いてみたいと思っています。

 

 

Kaigaaa_20200327154101

パリ十六街区・実写「エトランゼパリ」の実写したパリ十六街区の写真です。約二十年前になります。右側が凱旋門、この通りは左に行くとシャンデリーぜで、この通りさえ、それかもしれません。ここが、今封鎖されているのだと、思います。

 

 

Kaigaaa_20200327154001

鉛筆・習作

 

 

Kaigaaa11_20200327153901

油彩80号・「トロギルの港」

 

 

Kaigaaadd

鉛筆・習作

 

 

Kaigaaa_20200327153701

スイス・習作・鉛筆

 

 

 

Kaigaaamg009

 

 

 

 

Kaigaaaaa_20200327122701

 

 

 

 

Kaigaaaaajpg

 

 

 

Kaigaaa_20200327122501

 

 

 

 

Kaiga1182

 

 

 

 

Kaigaaajpg_20200326155201

これは、僕の新婚時代の千葉県北小金。近くの農家を描いたもの。示現会に出品し入選したが。この調子で描いていれば、この年ぐらいで、示現会の会長ぐらいにはなっていたと思う。しかし、僕の絵画的野心は幅が広く。この具象で、収まっていなかった。この時、僕のアパート(道路に面した、風呂なし新婚世帯アパートの二階)の、枕元を早朝に。ダンプカーが疾走する。のであるが、それが。有名な異色の画家、高島野十郎のアトリエ付近から、その辺りを再開発した土砂、を積んで運ぶダンプだとは。全く知らなかった。彼は、一度だけ示現会に出品し、それのみの公募展で。後は、全くの独自作家として。生きた人であった。と、相当後で知った。この絵は、あるエレベーター会社の工場の、応接間に飾ったはずだ。が、今は知らない。そこの社長が、僕の若い時に、僕の絵画を支援してくれた。



 

 

 

Kaigaaajpg

 

 

 

 

Kaigaaa_20200326054001

 

 

 

 

Kaigaaaaa_20200326054001

 

 

 

 

Kaigaaabb_20200326054101

 

 

 

Kaigaaa_20200326054101

 

 

 

Kaigaaa_20200326054102

 

 

 

Kaigaaa_20200326054201

 

 

 

Kaigaaa112

 

 

 

Kaigaaa11_20200326054201

 

 

 

Kaigaaaa_20200326054301

 

 

 

Kaigaaaaapng_20200326054301

 

 

 

Kaigaaaaa_20200326163801

 

 

 

 

Kaigaaa_20200326164001

 

 

Kaiga_20200404083901

 明治学院高校の時の作品「能面」

 

 

 

 

Kaiga82_20200404135801

「ベンチ」油彩SM/キャンバス

 


 

 

 

|

« 永遠の生命と、人間存在の希望の研究(376)6月23日、火曜日(千回を目指して) | トップページ | 永遠の生命と、人間存在の希望の研究(378)6月25日、木曜日(千回を目指して) »