2018.04.27

杉山勝己と聖書(372)軽井沢日記(2)

続きを読む " 杉山勝己と聖書(372)軽井沢日記(2)"

|

杉山勝己と聖書(371)軽井沢日記(1)

続きを読む "杉山勝己と聖書(371)軽井沢日記(1)"

|

2018.04.21

杉山勝己と聖書(370)都合により、4月26日まで休刊いたします。

|

2018.04.20

杉山勝己と聖書(369)「坂倉準三」は、世界の建築家、である。が、唯物論者であるとは、今まで認識したことはない。が、建築家は、唯心論者では、ありえない、のもやむを得ないのであるとは。いままで、全く認識したことは、なかったが。これで、全てが、判明した。と、自分で苦しんでいた心の深い悩みの理由を、自分でやっと76歳で見出した、思いで、ある。

続きを読む "杉山勝己と聖書(369)「坂倉準三」は、世界の建築家、である。が、唯物論者であるとは、今まで認識したことはない。が、建築家は、唯心論者では、ありえない、のもやむを得ないのであるとは。いままで、全く認識したことは、なかったが。これで、全てが、判明した。と、自分で苦しんでいた心の深い悩みの理由を、自分でやっと76歳で見出した、思いで、ある。"

|

杉山勝己と聖書(368)聖書の原本は、なんと!! ないのである。と、知った人は、どんなショックを受けるだろうか。

続きを読む "杉山勝己と聖書(368)聖書の原本は、なんと!! ないのである。と、知った人は、どんなショックを受けるだろうか。"

|

2018.04.19

杉山勝己と聖書(367)日本銀行は18日、紙幣の発行業務などを担当する発券局の職員が、155万円相当の記念金貨計16枚を盗んだ疑いで警視庁に被害届を提出したと発表した。

続きを読む "杉山勝己と聖書(367)日本銀行は18日、紙幣の発行業務などを担当する発券局の職員が、155万円相当の記念金貨計16枚を盗んだ疑いで警視庁に被害届を提出したと発表した。"

|

杉山勝己と聖書(366)「霊操」という本が、ある。岩波文庫であるが、日本に宣教に来た(1549年)、フランシスコザビエルの師、である、イグナチオロヨラが書いたものである。それを訳した門脇さんは、禅とそれとが、同様の、高い何者かを表すと、書いている(解説)。が、納得できない。

続きを読む "杉山勝己と聖書(366)「霊操」という本が、ある。岩波文庫であるが、日本に宣教に来た(1549年)、フランシスコザビエルの師、である、イグナチオロヨラが書いたものである。それを訳した門脇さんは、禅とそれとが、同様の、高い何者かを表すと、書いている(解説)。が、納得できない。"

|

2018.04.18

杉山勝己と聖書(365)近世のザビエルのキリスト教も、近代の明治以後のそれも。アジアで接触したキリスト教は、所詮宗教改革と、果ては無神論で毀損したキリスト教である、ということを認識することは、今までできなかった。

続きを読む "杉山勝己と聖書(365)近世のザビエルのキリスト教も、近代の明治以後のそれも。アジアで接触したキリスト教は、所詮宗教改革と、果ては無神論で毀損したキリスト教である、ということを認識することは、今までできなかった。"

|

2018.04.17

杉山勝己と聖書(364)フォイエルバッハ、ともなると、読者は歯が立たない、らしい兆候がある

続きを読む "杉山勝己と聖書(364)フォイエルバッハ、ともなると、読者は歯が立たない、らしい兆候がある"

|

2018.04.16

杉山勝己と聖書(363)東北大学教授 故新明正道さんは、私が明治学院大学の生徒の時、の教授である、ことを認識している。

続きを読む "杉山勝己と聖書(363)東北大学教授 故新明正道さんは、私が明治学院大学の生徒の時、の教授である、ことを認識している。"

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

キリスト教